ベルブランシュの職人による手打ちミルへのこだわり

ベルブランシュが職人の

手打ちミルにこだわる理由


マカロンリング


ダイヤモンドを留めるマカロン部分も

リング本体の峰の部分も


全て一粒づつ


宝石職人が手打ちでミルを打ちます





気の遠くなるような


繊細で時間のかかる


手仕事です





ミルは指に着けていると

長い時間を掛けて


経年変化で

わずかに削れていきます



機械打ちのミルは


均一なため経年変化で削れた時に

劣化したような印象になりますが


手間をかけて職人が打つミルは


もともと一粒一粒に表情があり


経年変化でより指もとに馴染んでいきます



購入していただいた瞬間だけではなく

その指輪を長く着けていただいた時に


どのように変化し

その変化を楽しんでいただけるか


次世代に受け継いでいただけたらと


ベルブランシュは真剣に考えて


指輪を生み出しています

0回の閲覧