水面下から美しく咲くロータスリングの各パーツのイミ☺︎︎




水面下から美しく咲く

ロータスリングの各パーツのイミ☺︎︎






花托(カタク)ってなに???


私はベルブランシュの仕事をはじめて

ロータスの指輪に出会い

知りました𑁍


花托(カタク)は

蓮(ハス)の花の中心にあり、


やがては果托(カタク)と呼ばれ

種になる

あのプツプツとした部分です


○o。.○o。.☺︎︎




ロータス(ハスの花)の指輪は


サイドメレがリング本体から

伸びる細いクキについているデザインなのですが


この部分が

ハスの花托(カタク)をデザインしています




ハスの種は寿命が長く


ベルブランシュのアトリエがある

岡山県の後楽園(日本三大庭園のひとつ)に


2000年以上前の種から育てられた😯🌱

「大賀ハス」と呼ばれる

ハスがあります𑁍


またこの果托(カタク)がハチの巣のように

見えることから🐝

「ハチス」→「ハス」


と呼ばれるようになったとも

言われているんです


長く命を育むハスをデザインした

ベルブランシュのロータスは


「幸せを永遠に育んでいける

育んでいこう」という


シンボルのようにも

感じます🌿


センタールースは


ダイヤモンド

パパラチアサファイア

ピンクサファイア

ブルームーンストーン・・・ etc


いままで


様々なストーンを留めさせていただきました🌸



お好みの宝石で


ハスの花をつくることができます✨✨


またリングの本体=シャンクは


水面化で泥水を吸い

生き生きとのびる

ハスの茎を描いています



小さな指輪

一つひとつに


繊細なデザインと

ストーリーがあります

閲覧数:21回

関連記事

すべて表示