「アトリエでのものづくり」が

ベルブランシュの​根底に息づく精神です

一つひとつのリングは

あなたの指に通して、初めて完成します。

お一人おひとりの着け心地や

お好みに対して

「できません」と言いたくなくて

ずっと指元で

あなたと共に輝いていて欲しくて

今日もアトリエで

​リングと真摯に向き合っています。

1 艶消し

​リングの表面をマットに仕上げています。​テクスチャー感が出てイメージを変えることが出来ます。

2 メッキ

​リングにメッキを施しています。WGの製品にロジウムをかけPtカラーに​仕上げます。

3 地金づくり

​例えばPt950をPd1000とPt1000を混ぜて作る等、加工に必要な地金は​全て作っています。

4 成形

​地金を少しづつ形つくっていき、リングやペンダントトップを使用します。

5 丸線の制作

​石を留める爪などに使う針金のようなパーツ=丸線は地金から素材を作って​います。

6 丸線専用工具

​デザインの仕様に合わせて様々な太さの丸線を作ります。​穴に通し、太さを均一に仕上げます。

7 石留め

一つひとつ丁寧に、機械化が進んでも、石留めは人の手を介さないとできない​仕事のひとつです。

8 刻印機へのセッティング

​丸い型にはめてしっかりと固定し、​刻印機にいれます。

9 レーザー刻印

​お二人のイニシャルや記念日を刻印。​オリジナルの刻印もつくれます。

10 レーザー溶接

母材同士の金属を溶かしながら溶接する共付溶接で、深いキズも埋めて​修理をしたり、サイズ直しも行います。

11 ダイヤモンドの鑑定

​お持ちいただいたジュエリーを活かしてアレンジし、制作することもあります。安心いただけるようにダイヤモンドの​鑑定もしています。

12 CADデザイン

​繊細なデザインが特徴のベルブランシュ。CADを駆使してデザインしています。