機能性・耐久性とデザイン

​そして技術との共演です。

耐久性・鍛造製法

極細の繊細なリングに施された

ダイヤモンドを留めるのは、

伝統的な鍛造製法。

100トンを超える重さで

数十回プレスして作っています。

​開発に2年かかった特別なリングです。

彫留め

一つ一つのダイヤモンドの大きさに

合わせてタガネを使い、リングの表面を爪部分の地金を残すように彫り、ミルタガネを使用し爪を丸く抑えて止める技法。

小さい爪で止めることができるので、

​ダイヤモンドがより引き立ちます。

爪留め

石の大きさを活かせるため、

エンゲージリングによく使われます。

すべての爪の大きさを均等に、

石と爪の間に隙間を作らずに留めるためには​職人の技術が必要です。

機能性・内甲丸仕上げ

リングの内側の丸みも職人の手仕事。

毎日の生活で着け心地良く

快適に過ごしていただけます。

​丸みの美しさにもこだわりました。

ミル打ち

ミルグレイン=千の粒ともいいます。

アンティークジュエリーにもみられる装飾的な技法です。

機械や型で均一に作られたものではなく、職人が一粒ずつ手で打ち込んで作っています。

マカロンセッティング

​覆輪留め + ミル打ち

覆輪留めは、石枠の周りをタガネで押さえて宝石を覆う留め方です。

ベルブランシュでは併せてミル打ちも行うオリジナル技法。

洋服などに引っ掛かりにくく、

石が外れ難い頑丈な留め方である。