紫陽花 ベビーリング

 

シルバー ¥16,500

ゴールド ¥33,000

プラチナ ¥36,300

 

お子様の誕生と成長を願うベビーリング。

 

花ことばで『家族』がある紫陽花は、沢山の花(がく)が集まっていることからそういう言葉がつけられたといわれています。

 

花嫁がつけるティアラのもととなっているのがフラワークラウン(花輪)。

1800年代前半のヨーロッパで、花嫁様がウェディングブーケを持つ代わりに可愛い花の冠を乗せたのがはじめといわれています。また、古くはローマ時代、フラワークラウン(花冠)は勝者や栄光のシンボルとして勝者や優秀な人、大詩人のためにつくられていました。

自然と香る草花は神が創り出したもので神聖なもの・神の加護をいただくという意味が込められています。

 

そんなフラワークラウンモチーフはベビーリングとしてだけでなく、自分のお守りとして身に着けていただきたいモデルです。

 

Hydragen Baby / 紫陽花 BabyRing

¥33,000価格
素材
誕生石
プレート
  • 素材

    シルバー

    K18イエローゴールド

    K18ピンクゴールド

    Pt950

     

    リングサイズ

    内径:約9.0mm

    幅:約3.2mm

     

    石:誕生石

    1月・・・ガーネット(赤)

    2月・・・アメシスト(紫)

    3月・・・アクアマリン(水色)

    4月・・・ダイヤモンド(透明)

    5月・・・エメラルド(緑)

    6月・・・ブルームーンストーン(乳白色)

    7月・・・ルビー(赤)

    8月・・・ペリドット(黄緑)

    9月・・・サファイヤ(青)

    10月・・・ピンクトルマリン(ピンク)

    11月・・・ブルートパーズ(水色)

    12月・・・タンザナイト(青紫)

     

    お子様の「名前」「生まれたときの日時」「生まれたときの体重」「生まれたときの身長」を刻印したプレートが付いてきます。

    内容は上記にあります入力欄にご入力ください。

     

    上記以外の石や素材のご希望がございましたらお問い合わせくださいませ。

     

    *価格は消費税10%を含みます。